すぐるのモバイル雑記Ver2とは!?

主にスマートフォンの情報やデジタルガジェットの情報を扱うブログ...ではありますが
他のガジェットを取り扱うブログよりも、ゆる〜くぬる〜く筆者が思った事を思ったまま書く自由気ままなブログです。
目まぐるしく変化する携帯電話業界に鋭いメスを突っ込んだり突っ込まなかったりします。

2015年8月2日日曜日

Huaweiアンバサダー(非公式)「Huawei P8 Lite」レビュー 1.外観編

Huaweアンバサダー(非公式)に当選したとくめいです。これから半月間試用してレビューしていきたいと思います。

お借りした端末は「Huawei P8 Lite」と「TalkBand B2」です。今回は前者の方をレビューします。

Huawei - HUAWEI P8lite - 携帯電話 - 機能



化粧品のようなオシャレなパッケージ




細長い白い箱に入ったちょっと変わったパッケージ。まるで化粧品でも入ってそうな高級感を醸しだしています。



側面にはキラリと光るHuaweiロゴ。



箱を開けると本体が箱と箱の間に挟まっています。これまで買ってきたスマートフォンの中でここまで珍しいパッケージは見たことが無いです。



スピン加工された電源ボタンや、繋ぎ目の無いミドルフレームの質感がいい味を出しています。電源ボタンのみ窪みが出来ているので押し間違えを防いでいます。

写真ではアルミフレームっぽい感じに見えますが、実際には塗装みたいです。



下にはmicro SDスロットとmicro SIMスロット。



驚くことにmicro SDスロットがnano SIMスロットも兼ね備えており、デュアルSIMで利用することが可能です。(切り替えるには再起動しないといけないみたいですが)







付属品はACアダプタ、micro USBケーブル、EarPodsに酷似したイヤホン、SIMピンと説明書類です。


3万円台とは思えないクオリティ




こちらが本体。オーソドックスなデザインです。



背面はヘアライン加工されたプラスティック素材とガラス素材。



見れば見るほど某リンゴ端末を彷彿とさせますが、こちらはヘアライン加工されているのでセーフ…?
個人的にはカッコいいデザインだと思います。



まとめ




この価格帯ではチープさが目立つ製品が多い中、デザインは健闘している端末だと思いました。GalaxyやXperiaのように背面ガラスやメタルフレームは使えなくても、パッケージや加工で綺麗に見せている印象です。

新品の状態だと綺麗ですが、傷つきやすそうなのが心配です。自分がもしメインで使用するとしたらケースを付けて持ち歩きたいです。

次回はソフトウェアをレビューする予定です。

0 件のコメント:

コメントを投稿