すぐるのモバイル雑記Ver2とは!?

主にスマートフォンの情報やデジタルガジェットの情報を扱うブログ...ではありますが
他のガジェットを取り扱うブログよりも、ゆる〜くぬる〜く筆者が思った事を思ったまま書く自由気ままなブログです。
目まぐるしく変化する携帯電話業界に鋭いメスを突っ込んだり突っ込まなかったりします。

2014年6月23日月曜日

docomo新料金プランに対するアレコレ


(c) .foto project

6/1日から、docomoにて新料金プラン
「カケホーダイ&パケあえる」がスタートしました。
導入からかれこれ半月以上が経過し
筆者的にもこのプランのいろいろな部分が見えてきましたので
それについてダラダラと述べて行きたいと思います。


【1】新料金→旧プランへの変更は出来る?
出来ます。
この場合、新料金の基本料金とパケット定額が満額かかり
旧料金の基本料金(日割り)とパケット定額がダブルでかかりますね。

【2】FOMA新料金から旧料金に戻した場合はバリューになる?
なります。
FOMAバリューから新料金に変更後、また旧バリュープランに変更した場合のみ
バリュープランに戻ることが出来ます。
新規契約で新料金からスタートした場合は旧料金に変更するとベーシックですね。

【3】2in1は?
契約出来ません。

【4】iPhone契約でいろんな端末で使いまわしたいには注意が必要。
カケホーダイ【i】を契約してると
・BIS or BES
・mopera U(スタンダード、シンプル、ライト)
・iモード
などのISPが契約出来ません。

この場合は、最寄のDSなどで【i】の付いていない新料金を申し込む必要があります。
ただ、変更してしまうと+1GBを消失してしまうので、もったいなくもあります。

【5】カケホ【i】のままAndroidにUIMカードを挿して+1GBキープが出来るか?
現状調査中です。
基本的に、nanoUIMからmicroUIMに変更する時に【i】が外れてしまうような手続きになりそうですが
アダプターを使用したりした場合は出来そうですね☆

筆者は現状アダプターを持っていないので、今度試してみます☆

【6】ケータイプランはXiでも契約出来るか?
出来ません。今までXiプランでiモードケータイを利用していたユーザーは
FOMAプランに変更した上でケータイプランを申し込まないと
ケータイプラン(2200円)での利用が出来ません。


いかがだったでしょうか?
通話が多い人には、やはりおトクな新料金プラン。
それと旧プランを併せて上手く使いこなす事が出来たら
かなりの料金がおトクになったりするかもしれません。
皆さんも試行錯誤、がんばって下さい☆

※上記記事に関して、筆者なりに調べた結果を記載しているものですが
最終的な判断はお近くのドコモショップ等にご確認下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿