すぐるのモバイル雑記Ver2とは!?

主にスマートフォンの情報やデジタルガジェットの情報を扱うブログ...ではありますが
他のガジェットを取り扱うブログよりも、ゆる〜くぬる〜く筆者が思った事を思ったまま書く自由気ままなブログです。
目まぐるしく変化する携帯電話業界に鋭いメスを突っ込んだり突っ込まなかったりします。
最近はフィンテックにも興味はややあり。

2018年5月19日土曜日

【THE RIDGE】マネークリップを数ヶ月使ってみたレビュー:使用感編

以前から紹介しているこちらのマネークリップ「THE RIDGE」です。
ここまで良い財布(少なくとも筆者は財布だと思っている)は久しく出会った事なかったので、以前は購入までを書いていたのですが今回は使用してみた感想等を書いていきたいと思います。



まずは使用方法から。

クリップ部分でお札を収納します。
3つ折りにすると一番しっくりと挟めます。
使ってみた感じですが、適当に折り曲げて入れるのであればおおよそ8~10枚くらいならホールドできます。1万円札を出してお釣り9000円もらう、くらいであればホールド可能です。
THE RIDGEには「マネーバンド」タイプもありましたが、今回筆者は「マネークリップ」タイプを選んでいます。

そしてカーボン製になっている内側にカードを入れておく事が出来ます。公式サイトでは最大15枚は収納可能となっていますが、多くなればなるほど分厚くなり取り出しにくくもなるのであまりオススメはできません。

10枚くらい入れてみたの図


カードを取り出す際は、下の窪みを親指で押し上げるとカードが出てきます。
スマートにシュッと出すのであれば4枚くらいまでかな?という感じです。
適切な圧力もあり、雑に扱ってもカードがピョンと飛び出す事も現状では一度もありませんでした。

下部はしっかりとゴムで抑えられているので、うっかり落ちる心配もありません。

では、ここからはこのマネークリップにして良かった事、悪かった事を書いていこうかと思います。

良かった事
1:何よりコンパクト
小さいは正義、ですね。
完全にカードサイズのクリップなので、本当に無駄なスペースが何一つない。
融通が効かないとも言えますが、日常の8割はこれだけで解決してしまいます。
買い物は大体電子マネーやクレジット(Visaデビット)だけで済ませるようになったので、小銭を持ち歩く事も殆どありません。

2:浪費しなくなった(気がする)
筆者がこのマネークリップで持ち歩いているのは
・数千円
・ICOCA
・SMBCデビット(iD付き)
のみなので、真のクレジットカードを持ち歩かなくなったので浪費を抑える事に成功しています。今までであればノリと勢いでパチスロに行っていたりしましたが、引き出す手段になっているカードをクリップに入れないという事で絶つ事も出来ました。
(そもそも財布でも入れなければ...というツッコミは待ってません!!!)

3:なんてったってカッコいい
普通の財布とはかなり一線を画したデザインなので、自分だけのオリジナリティを出すことも出来ます。
周りでマネークリップを使ってる人自体が見かけないので、少し目立つのではないでしょうか?

悪かった事
1:融通が効かない
上記でも書きましたが、枚数やサイズに融通が効きません。
ポイントカード等を大量に使う人であれば、RIDGE自体がかさばり使いづらいかもしれません。
あと、一番困ったのが診察券です。
よく行く所の病院の診察券が、昔ながらのラミネートされてるやつで微妙に入らないんですよね...。
その際は別のカード入れの使用をする事を強いられてしまいますが、そもそも滅多に病院行かないので普段困る事はないですね。

2:カードに傷がつく

上記カード左上、かなり気を付けて使っているのですが
やはりスライドさせて出す以上どうしても擦り傷が付いてしまいます。
現状は券面に傷がつくと何かやだというカードは入れていないので構いませんが
今度持ち歩くカードが変わった場合は少し考える部分になるかもしれません。

まとめ
最近購入した小物の中ではかなり「当たり」の部類に入ります。
財布の中身も無駄なものを持ち歩かなくなったのでスッキリしましたし、筆者が追い求める「小さい財布」の完成形なのかなと思いました。
興味を持たれた方は是非公式サイトも見てみてください☆

昔だったら絶対にAmazonアソシエイト貼ってましたよ。
なぜしないかって!?
BANされたんだよ!!!!

0 件のコメント:

コメントを投稿