すぐるのモバイル雑記Ver2とは!?

主にスマートフォンの情報やデジタルガジェットの情報を扱うブログ...ではありますが
他のガジェットを取り扱うブログよりも、ゆる〜くぬる〜く筆者が思った事を思ったまま書く自由気ままなブログです。
目まぐるしく変化する携帯電話業界に鋭いメスを突っ込んだり突っ込まなかったりします。

2016年3月24日木曜日

フレッツ光回線の転用、実際どうなのよ?【ドコモ光編】

画像に意味はない。
いつも写真素材でお世話になってる「ぱくたそ」さんの
モデルが可愛かったんだよ~~~~~~!!!!

...はい。

さて、光コラボ話。
記念すべき第一回は「ドコモ光」です。
おそらく、ドコモショップや家電量販店で
猛プッシュされるのではないでしょうか。

では、早速ではありますが
気になる料金を見ていきましょう。


【ドコモ光回線料金】
マンション戸建
タイプAタイプBタイプAタイプB
紐付けなし4000円4200円5200円5400円
データSパック等3500円※3700円※4700円※4900円※
データMパック3200円3400円4400円4600円
データLパック3000円3200円4200円4400円
シェアパック53200円3400円4400円4600円
シェアパック102800円3000円4000円4200円
シェアパック152200円2400円3400円3600円
シェアパック201600円1800円2700円2900円
シェアパック301000円1200円2000円2200円
※印 申し込みから1年間のみ割引
ドコモ光パック適用時にパケットパックやシェアパックから割引される額を
光回線から割引した計算にしています。
(光回線のみ、ひかり電話やオプションは加味していません)
プロバイダーを契約しない「単独タイプ」は
上記金額から-200円して下さい。

ドコモ光はどんな人がお得になる可能性があるのか?
もちろん、ドコモユーザーですね。

ドコモユーザーが自宅の光回線と纏めると
お得になる可能性があります。

この「ドコモ光」のメリットとして
1:数多くのプロバイダーが対応している。
2:契約プランに応じて割引額が変動する。

等があげられます。
まずは対応プロバイダーの多さ。
他の光コラボの場合、殆どが単一のプロバイダーしか選べないものの
ドコモ光であれば多数のプロバイダーから選べるので
今のプロバイダーを引き続き使用出来る可能性が高いです。

対応プロバイダーはこちらから確認出来ます。

そして結論から言うと...
大体の場合は「データMパック」以上の契約であれば
転用するとお得になる可能性が高いです。

フレッツ光ネクスト自体(コラボではない)の料金が
光もっともっと割を最大年数契約した場合で2430円。
(web光もっともっと割、マンションタイププラン2にて
継続年数8年以上の場合)

そこにプロバイダー料が500円。
(BB.exciteの場合)
合計2930円がフレッツで申し込んだ場合の最安値です。

ただ、もっともっと割が8年以上である事が現時点では現実味がなく
ベタなパターンで3030円です。
データMパックとの紐付けであれば3200円なので
プロバイダー次第では光転用した場合に安くなります。

そして、シェアパック10以上でされるのであれば
どのパターンでもお得になります。
(ただ、基本料自体が高いですが...)

基本的に「ドコモ光」へ転用、新規申し込みするのに向いている方は
・家族みんなドコモを使用している。
・今後もドコモを使い続けたい。

という方に向いていると思います。

ただ、ドコモ光のデメリットとしては
「最大割引が適用されるのは光回線1つのみ」
という部分があります。

同一シェアグループに「ドコモ光」回線が複数ある場合
「光複数割」という割引が複数に適用出来ます。

割引額としては固定回線1つに対して「300」円です。
この割引目的でドコモ光を契約するのは正直あまりお得ではありません。

さて、今回は「ドコモ光」の話でした。


新規工事費半額キャンペーンやdポイント5000ptプレゼントなど
各種キャンペーンも実施していますので
今が申し込みのチャンスかもしれませんね。

あと、これはあくまで個人的に調査しただけですが
オンライン等で申し込みされるよりも店頭で申し込みした方が
店舗独自でキャッシュバックやってたりする事が多いので
お得かもしれません。

ではでは

次回の転用話は
・OCN光
・BIGLOBE光
・so-net光
辺りで書いていくことにします。

0 件のコメント:

コメントを投稿