すぐるのモバイル雑記Ver2とは!?

主にスマートフォンの情報やデジタルガジェットの情報を扱うブログ...ではありますが
他のガジェットを取り扱うブログよりも、ゆる〜くぬる〜く筆者が思った事を思ったまま書く自由気ままなブログです。
目まぐるしく変化する携帯電話業界に鋭いメスを突っ込んだり突っ込まなかったりします。

2015年12月11日金曜日

メイン回線をMVNOに変えて約4ヶ月が経ちました。

こんにちは。
つ~~~~~~いに自宅に光回線がやってきてノリノリのすぐるです!!

隼快適だぜ~~~い。
というわけで、久し振りのブログ更新です。

さて、筆者が約10年ほど使用していたdocomo回線をMNPして
OCNモバイルONEに移行したのが8月の出来事です。

それで実際に安くなったのかどうか、請求金額を見ながら検証していきたいと思います。



ここからの価格は特に注釈がない限り税抜です。

以前までの筆者の料金プラン(docomo)
・カケホーダイ:2700円
・データMパック:5000円
・spモード:300円
dTV:500円

合計で8500円かかっていました。

それをOCNモバイルONEに移行した場合

・通話基本料:700円
・パケットプラン(3GB):1100円
・容量シェアSIM(docomoの2台目プラスに似ているパケットシェア回線)
450円
・050plus利用料:0円
・通話料:約600円
・dTV:500円(キャリアフリーで利用)

合計で3350円まで抑える事が出来ました。(ユニバ料は省略しています。)

これで毎月5150円安くする事に成功しました。
やったぜ!!

正直、主要キャリアなどで契約しても
上手く立ち回る事が出来れば上記くらいの金額(3000円ほど)で
利用する事も不可能ではありませんが
基本的に2年で割引諸々が終了するため
安いまま維持しようとした場合、2年ごとにMNPし続ける必要があります。

MVNOの場合、そのような事を考える必要もないため
2年経過しても上記料金のまま運用が可能です。

2年ごとに考えないといけないのはメンドクサイけど
安くしたいという方はMVNOは選択肢として入ってくるかもしれませんね。
ではでは

0 件のコメント:

コメントを投稿