すぐるのモバイル雑記Ver2とは!?

主にスマートフォンの情報やデジタルガジェットの情報を扱うブログ...ではありますが
他のガジェットを取り扱うブログよりも、ゆる〜くぬる〜く筆者が思った事を思ったまま書く自由気ままなブログです。
目まぐるしく変化する携帯電話業界に鋭いメスを突っ込んだり突っ込まなかったりします。

2015年9月8日火曜日

MNP暗黒時代に改めて携帯電話を安く持つ術を個人的見解で云々

さて、先日友人から軽い相談がありました。
「もう前の携帯購入から2年経ったから、また前みたいに安く持てる方法を考えてほしい」
という相談。

2年前といえば、そう。
MNP最盛期の話ですね。
当時であればiPhone5sや5等が1台でも一括0円やキャッシュバックなんて当たり前の時代。



MNP一括0円で買って、パケット等を全廃止して2円運用などが
平気でまかりとおった時代。

その友人も、この2年間約4000円程でガラケーとiPhoneの2台持ちをしていました。

ただ、それも今は昔の話。
2年経ち、毎月の維持費が一気に3000円強高くなってしまいます。
しかも昔と違いプラン変更や寝かせ運用等が非常に困難な時代。

こんな時代に誰がした!?

...............それはきっと私たちorz

そんな時代だからこそ、MNP連発は出来なくとも
せめて安く持ちたい。
そんな方法、何かないか!?
と思った個人的見解を紹介したいと思います。

【通話を沢山するなら】
基本的に通話定額プランが必須になってきます。
加えてパケットを沢山するのであれば
①パケット最低プラン&自宅光回線
②パケット付けず、ルーター等の2台持ち
がオススメではあります。

上記の場合、①であればパケット分が料金かかりますが
固定回線を用いることで複数人が使用する場合
相対的におトクになりますね。

②の場合は、必然的に2台持ちになりますが
パケット料金を抑えられる場合が多いです。

以前、ウチのブログでもなんだかんだ取り上げましたが
個人的にはWiMAX2+が個人的にやっぱりオススメです。
なんだかんだ言ってた記事は→こちら

あとは、カケホーダイ+MVNOのSIMもアリかなと思います。

【通話をあまりor全然しない方】
もういっそ、メイン回線をMVNOに変えた方が安くなるのでは!?
とさえ思います。
SoftBankユーザーは、ほぼ確実に本体が変わります。
auユーザーは、一部機種除き本体を変える必要がありませんが
MVNO事業者が極端に少ないため、選択肢が狭まります。
docomoユーザーであればauと逆で、一部機種と一部事業者を除き
大体使えるというメリットがあります。

補償の面で、やはり不安が残りますが
そこは安さとのトレードオフという事になりますね。

ただ、スマートフォンで契約する際
auやSoftBankであれば通話しないパターンもしっかり残されていますので
(au:LTEプラン)(SoftBnk:ホワイトプラン)
そこはまだ良心的かもしれません。

docomoでスマートフォンを購入する際
基本的に通話定額プランしかありませんので
補償面がトレードオフ出来るのであれば
MVNOの検討もありかもしれません。

格安SIMについて、分かりやすく纏めていただいているサイトがありますので
良かったらそちらを確認してみて下さい。
格安SIM比較

さて、そんなこんな書いてきましたが
実際筆者の家庭も、携帯料金の全面刷新を強要され実施しました。

私:OCNモバイルONE音声SIM(170MB/1日)プラン:2246円
OCNモバイルONE容量シェアSIM:615円
合計:2861円

奥様:Y!mobile Nexus5でのMNP:2570円

固定代替:HWD15:4268円

合計:9699円
私の通話料が入っていませんが、そこまで通話しないので問題なしですね。
目安としては、大体docomoでデータMパックで1台持つと
これくらいになるのかな?

そろそろHWD15から卒業して固定引きたいですね。

ではでは。

0 件のコメント:

コメントを投稿