すぐるのモバイル雑記Ver2とは!?

主にスマートフォンの情報やデジタルガジェットの情報を扱うブログ...ではありますが
他のガジェットを取り扱うブログよりも、ゆる〜くぬる〜く筆者が思った事を思ったまま書く自由気ままなブログです。
目まぐるしく変化する携帯電話業界に鋭いメスを突っ込んだり突っ込まなかったりします。

2014年9月18日木曜日

iPhone6,6Plus発売について筆者が思うことを半ば殴り書き

docomoとauの回線を所持している筆者としては
正直どういう風に購入したら良いか、かなり迷ってしまいます。

定価養分?ないない

docomoもauも、今回に関しては「下取り」にかなり力を入れている様子です。

結論から言うと、auにポートインして購入するのが一番安く購入出来るのかなと思っています。

購入するとしたら、iPhone6の64GB、お色はシルバーで。
プランはカケホとデジラで良いかなと感じています。
本体代金が85320円。かなり高いですな...。


そこからauにかえる割Plusを利用し、WALLET10000円チャージ。
ここで、実質一括金額が85320(75320)円。【括弧内はWALLET含み分】
そこから下取りキャンペーンを利用します。
完動品であれば問題なさそうな記述であるため、ホントに昔
それこそ「SO-01B」のようなホントに初期の機種でも下取りはしていただけそうです。
タンスの肥やしになっているスマートフォンの出番ですよ☆
もし肥やしがなくても、中古で数千円で買えるような携帯電話を持ち込んで
下取りに出せば24840円値引きしてくれるのでしょうか...
ここは要確認ですね。

この下取りを利用しての実質一括金額が72900円(50480円)【括弧内はWALLET還元含み分】

iPhone5sや5cを現状使用している人がauに乗り換えして下取りを検討しているのであれば
下取りをするのではなく通常の中古業者などへ買い取りをしてもらった方が
おトクになるかもしれませんね。
...そう思ってる方も多いかもしれませんが、ほぼ新品未使用状態ならともかく
使用傷などが多数あるのであれば、大人しく下取りの方が査定としては
高くなる可能性も大いにあります。

それくらい今回の下取りの金額に関して、auは頑張っています。
正直、ここくらいまでが正規の方法の限界ではないでしょうか...
そこから先は、ショップ独自で行われている割引施策などを利用し
本体代金を下げていく、そういった方法になりそうです。

店舗独自値引きなどで15000円~20000円くらい値引きしていただけたら
乗り換え費用としては御の字ではありますが
こればかりは実際に明日になってみないと分かりませんね。

一括3万くらいになっていただければ購入に踏み切れるのですが
...難しいですね。

今回のブログにはオチはありません。悪しからず。

0 件のコメント:

コメントを投稿