すぐるのモバイル雑記Ver2とは!?

主にスマートフォンの情報やデジタルガジェットの情報を扱うブログ...ではありますが
他のガジェットを取り扱うブログよりも、ゆる〜くぬる〜く筆者が思った事を思ったまま書く自由気ままなブログです。
目まぐるしく変化する携帯電話業界に鋭いメスを突っ込んだり突っ込まなかったりします。

2014年6月7日土曜日

Softbankがスマ放題を発表!!docomoへの対抗プランになるのか!?検証してみた


当ブログでSoftbank記事を扱うのが比較的珍しいことではありますが
たまたま発表された本日が休みだったので
検証してみました。

プレスリリースがこちら




【カケホーダイ&パケあえる(以下、docomo VS ハゲ放題スマ放題(以下Softbank)】

基本プラン比較(表記は全て税抜)
ここに対して、どちらが優位というものはありませんね
docomo
スマートフォン:2700円
iモードケータイ:2200円
データプラン
タブレット:1700円
ルーター:1200円
特定デバイス:300円or500円(シェア専用)

SoftBank
スマートフォン:2700円
3Gケータイ:2200円
タブレット:1700円
Wi-Fiルーター:1400円(シェア専用)
です。
基本的にはdocomoのプランに後追いをしてきたような印象です。

そして現段階では何とも言えませんが、プレスリリースを見ている限り
※スマ放題プランでのWi-Fiルーター単体契約は出来ない※
という事になりそうです。
あと、SoftBankお得意のフォトビジョン、みまもり体組成計などのプランがなく
3Gケータイのプランに割り当てられるのか、やっぱり専用の料金プランになるのか
非常に気になるところです。
(もちろん最近発表されたPepperの料金プランも気になります)

続いてデータ定額パック。
こちら金額は主にdocomoと同じなので省略しますが
3Gケータイのプランデータ通信量が無制限になっているのがポイント。
ただ、後述するデータシェアとの併用は出来ないと思われるので
そこでメインスマホとデータシェアした方が得になるのかというのは
考える余地があるかもしれません。

そして次からがSoftBnk独自プランですね。
【データくりこし】
パケットを当月使い切れなかった分は翌月に繰り越せるというプラン。
そうする事で、少ないデータプランに加入していても
使う時使わない時でバランスが取りやすくなりますね。
余った無料通信分は、締め日の翌月末まで利用可能。
繰越単位は100MBです。

【家族おトク割】
家族割引の中で2回線以上データシェアをせずに、個々でデータ定額に加入した際
それぞれのデータ定額パックの合計値が10GBを超えた際に適用されるプラン。
1人目:データ定額パック5=300円引
2人目:データ定額パック5=300円引
3人目:データ定額パック10=1000円引
というふうになります。
 
【家族データシェア】
こちらが、docomoでいうところのパケあえるプランと同等のサービス
月額500円で、家族のシェア代表回線のパケットを共有出来るというもの。
ただ、docomoと違い長期利用割引は適用されずシステムだけを
流用したようになっているところ
また、データくりこしや家族おトク割との同時加入が出来ないものツライところ。
 
そして筆者が個人的に気になる点
docomoのプランの場合、シェアパックが解体された場合の
パケット高額請求を防ぐため、あらかじめ「データSパック」が
みなし契約として付いています。(料金はシェア中はかかっていません)
SoftBankのプランにも、そのような高額請求防止措置があるのかどうか
そこが気になります。
 
【長期継続ボーナス】
docomoのプレミアクラブのポイント増額みたいなサービスを
新料金プランと併せてきましたね、これは面白い。
提供条件や開始時期は現状不明ではありますが
おそらくスマ放題でないと増額などもなさそうな予感です。
そしてPonta派の私にはTポイントが増えても特にメリットなかった。
そもそもSoftBank持ってなi(((((((((
 
【U25ボーナス】
内容はdocomoのU25応援割とほぼ一緒ですね。
500円引と1GB増額。
ただし、こちらも「データくりこし」や家族おトク割」との併用が出来ません。
 
上記のSoftBankの料金プラン
予約が6/11から
開始が7/1日
ただし、「家族データシェア」「家族おトク割」の提供開始日が8/1日
「長期継続ボーナス」は提供時期未定となっています。
 
とまぁ、ここまで発表があったことを書いて行っただけですが

【個人の感想】
docomoでええやん。
以上!!!
正直、見て分かるとおりdocomoの二番煎じ感がすごいです。
docomoとは違うものも少しありますが、それらが各種割引施策と併用出来なかったりと
何のために新しいプランが出て来たのかよく分かりません。

そもそもデータくりこしだって、無料通話のくりこしの場合は
「無料通話0のプランがあるので、そこで消化してまた元のプランに戻す」
という芸当が可能だからこそ、くりこせる意味があるのに
データ定額に入り続けないとパケットくりこしが機能しないうえに
データ定額0のプランなんて、物理的にほぼ不可能な現状のプランで
データ通信量をくりこせる、というのはどこにメリットがあるのかが分からない
そう感じた今回のプランでした。

docomoの二番煎じをした部分のプランに関しては
他社も追随してくるだろなと思い何とも思いませんでしたが
SoftBankオリジナルな部分が、かなり突っ込みを入れたく部分が多く
これを目当てにSoftBankに乗り換えるというのはなさそうです。
 
一応、筆者のメインキャリアはauなので
あとはauさんの発表を待つばかりです(ワクワク

0 件のコメント:

コメントを投稿