すぐるのモバイル雑記Ver2とは!?

主にスマートフォンの情報やデジタルガジェットの情報を扱うブログ...ではありますが
他のガジェットを取り扱うブログよりも、ゆる〜くぬる〜く筆者が思った事を思ったまま書く自由気ままなブログです。
目まぐるしく変化する携帯電話業界に鋭いメスを突っ込んだり突っ込まなかったりします。

2014年1月6日月曜日

実質0円の裏側へ(後編)

さて、先日書いたブログ「実質0円の裏側へ」の後編です。
正直、1本の記事で纏められそうだったのですが…あれです。

心が折(ry

まぁ、そんな事は置いといて後半戦スタート!!

(前編の記事はこちらから確認お願いします)





Q4:一括0円と実質0円の違いは?

A4:全然違います!!
一括0円とは、文字通り正真正銘の0円です。
本体に対するお金が全くかかりません。
実質0円のように2年間の間に機種変更をすると実質的な本体代金が上がる
そういった事もありません。

対する実質0円というのは前編のA1でも書いたとおり
2年間の分割と値引きを満了して初めて実質的に0円になるというものなので
客観的に見ると一括0円の方がお得です。

ただし、各キャリアが販売している機種で
MNPや新規契約の際の一括0円機種に関しては一部例外もありですが
そこそこの良機種な端末が多いです。

ただ、機種変更などでの一括0円機種は、かなりの確率で
…少しアレな機種や、かなりの量の条件を提示してくる事もありますので
契約の際には注意が必要です。

2年間の縛りがあるものの最新機種を安く手に入れたい!!
そんなあなたには実質0円で機種選びをするのをオススメします


Q5:実質0円の本体の機種代金を一括で払うと損をするの?
また、一括で払うメリットってある?

A5:損はしませんし、メリットもあります。
実質0円の本体を一括払いで購入した場合でも
毎月の利用料金からの割引は適用になります。
それは前編のA1でも触れていますが、各キャリアが実施している割引サポートは
端末代金からの値引きではなく
毎月の通信費あ通話料の部分から割引しているからです。
なので、2年満了した際の負担額は
本体代金に関しては最初に全て払いきっているので同じになります。

また、一括で本体代金を払うメリットですが
第一に精神的負担があります。
2年以内に機種変更をすると割引額がなくなるのは変わりませんが
逆に言えば割引がなくなるだけで本体代金の残債を考えなくて良いので
機種変更へのハードルが少ないともいえます。

その次のメリットがポイント還元です。
あなたが量販店で購入する際や、本体代金をクレジットカード等で購入する際
一括払いだと量販店独自のポイントが使用出来たり、クレジットで購入した場合などにポイントを付与させる事を出来ます。

キャリアの分割払いを利用する際は、本体代金の分割にお店独自の値引きが利用出来なかったり、端末代金の支払い分はキャリアのポイントプログラム適用外など
細かいことですが、もったいない部分も多々あります。

なので筆者がオススメしたいのは

実質0円の端末は一括払いで購入しよう!!

(ポイントなども併用出来れば尚良し)

あと余談ですが、本体代金分割の場合
割賦販売の仕組み上、お店独自で分割価格を値引きする事が出来ません。

ただ、一括払いの場合はお店独自で価格を決めれるので
……交渉の余地があるかもしれませんね(ボソッ



さて、いかがだったでしょうか。
2部に分けさせていただきましたが、実質0円販売というのは
お得な購入方法です。
ただ、間違った認識で購入して思わぬ高額請求が来ないように
契約内容をキッチリ確認し、分からない事を
「この人はプロだから上手くやってくれる」などと過信せず
自身で何度でも確認する。
実質0円とはいえ決して安い買い物ではありません。
自分にピッタリなスマートフォンを見つけて
快適なスマートフォンをお送り下さい☆

0 件のコメント:

コメントを投稿