すぐるのモバイル雑記Ver2とは!?

主にスマートフォンの情報やデジタルガジェットの情報を扱うブログ...ではありますが
他のガジェットを取り扱うブログよりも、ゆる〜くぬる〜く筆者が思った事を思ったまま書く自由気ままなブログです。
目まぐるしく変化する携帯電話業界に鋭いメスを突っ込んだり突っ込まなかったりします。
最近はフィンテックにも興味はややあり。

2019年2月7日木曜日

MNPの訪問販売が始まるというお話

今回はこのサイトを参考にしています。
ふと知りえたものでしたが予想以上にRTされたので本人自身も結構驚いております。
実はTwitterをやっていてこれだけのRT数あった事が初めてだったので、ブログのという所をお借りして少し知った事を書き記して行きたいと思います。

とある層向けへ
あくまで本業にて知りえた情報ではないためリークだとかそういう情報ではありません。
実際に実施されるかどうかも定かではないためあくまで筆者が何か言ってるわくらいの生暖かい目で見守って下さいね。
ちなみに上記スクショの求人情報は終了していて該当会社も閉業しているそうです。
(情報提供していただいた方、ありがとうございます。)



auやSoftBankは定かではありませんが、今回の事はdocomoの話。
MNPでの新規契約の広告や高額キャッシュバックを謳えなくなった今、新たある販路が求められているのでしょう。
そこで今回(個人的に)話題になったMNP訪問販売というお話。
上記スクショの募集要項ですね。

訪問:決まったお宅に1日50件くらい訪問します。
...手当たり次第ではないんですね。
これは何か顧客情報を訪問販売員が握っているという事でしょうか?

興味を持ってもらえれば、初回訪問は終了です。お客様情報を記載した紹介シートをドコモショップに提出します。
興味を持ったお客様情報を提出するというのは、何かの情報の受け渡しをするのでしょうか.........大丈夫か!?

直接訪問し、「家族で何台携帯を使っているか」、「インターネットは繋いでいるか」などを確認。具体的にどのプランが最適なのか、料金がどれくらい抑えられるのか具体的に話します。「ドコモにのりかえる」意思が確認できれば、電話などでドコモショップに連絡し、訪問予約をとりましょう。
この段階で具体的な見積もりを提示し、了承されれば実際にDSへの案内。
おそらく前の段階でDSと訪問員の間でCPやCB等の口裏合わせが行われるのだろうと
思います。
「〇〇の機種が何台なら〇〇円」「複数台乗り換えであれば〇〇円CB」など
事前に打ち合わせをし、その条件でのOKを取りに行くのが彼らの最大の仕事でしょう。

具体的な手続きは店舗スタッフが行ないます。場合によってはショップで立ち会うこともあります。ご年配のお客様の場合は、連れて行ってさしあげることも。家族割引がオトクなので5台同時に契約というケースも多いです。
この訪問員自体はdocomoと代理店契約を結べていないのだろうと思われます。
もしあればその場所で登録を出来るものになるでしょうから、あくまで紹介のみに徹する営業となりそうです。

※営業ごとに訪問エリアを分けています。2~3ヶ月で1店舗の周りを訪問しきるイメージです。※目標は月に20台。月30~35台くらいは契約できています。ドコモと言ったら抵抗なく聞いてくれるうえ、「オトクになりますよ」という話でもあるので、より聞いてもらいやすいです。
この言い方であれば、筆者的には「これから始まる」と聞いていたのですが既に始まっているのかもしれません。

その後の給与や福利厚生は割愛します。
どうせこんなんアテにならんし!

<ここからは個人的感想>
ついにここまで来ましたか...というのが正直な感想です。
そして、上の引用先が閉業となっていたけど別会社になって実際は稼働してんじゃないの?とは正直思っています。
昔から法人向けに携帯電話の訪問営業はありましたし、固定回線なんて実際筆者の家にも来ましたし昔から存在します。
それが今回は「個人の携帯電話」向けときましたか。
まず上にあった「ドコモと言ったら抵抗なく聞いてくれる」。
...まずあなたdocomoの人ではないですよね!!という総ツッコミですわ。
あくまで「販売代理店(DS)より依頼されている完全別会社の訪問販売員」ですよね!?
〇H〇のやり口と全く一緒じゃないですか!
ただ、その訪問販売員が契約権限を持っていないのは唯一の救いでしょうか。
訪問先で無理矢理契約させられたとなればたまったもんじゃありません。

そういえば最近、DSのTwitterアカウントとかが価格のツイートを一切しなくなったのをご存知でしょうか。


昔は「一括0円」であったり「〇〇円キャッシュバック」とか、多少濁しながらもある程度ツイートから察する事が出来ましたが察する事も出来なくなっています。
(何となくの予想は今でも出来ますが)

いつからかは分かりませんが、何か新たな規制が入ったのでしょうか...。
DSのTwitterアカウントのツイートが丸ごと消えているお店もありました。

そういう公に広告を打てなくなった新たな広告伝播手段、これが「訪問販売」になるのでしょう。
店舗では何も告知していません。何も言わずに店と客が互いに「察し」状態で何かを受け取る...それが何かは分かりません。
ふと、たまたまパチンコ屋の横にあるたまたまパチンコ屋で貰った景品を買い取るお店を思い出しました。

代理店(DS)が訪問販売員(の所属する会社)と契約をする。
訪問販売員が顧客を捕まえて契約しているお店に顧客を誘導する。
誘導した顧客が成約になった(もしくは誘導)時点で代理店より何かしらの支払いが行われるのではないか?
こんな感じになるのかなと予想します。

個人としては別に何とも思わないので訪問販売に来るのであればそれはそれで構わない。
むしろどんな勧誘をするのかは純粋に興味があります。
ただ、それをする事で世間のdocomoに対するイメージがどう変わるのか...。
それが気になります。

2 件のコメント:

  1. 参考にさせて頂きました。http://skyblue.ciao.jp/skyblue/?p=7338

    返信削除
    返信
    1. 遅くなりましたがご報告ありがとうございます。

      削除